CMW公認高級時計師と
一級時計技能士の時計修理工房

大樹 時計修理&ドレスアップ

アクセス

様々な故障事例に合わせて、きめ細かい修理を行っております。
下記に代表的な故障事例を載せてありますので、ご参照ください。
その他疑問点ございましたらお気軽にお問合せください。

File No.band-01  固定 駒外れ
フランクミュラー(FRANCK MULLER)・バンド修理(固定ピン) ロレックス(ROLEX)・バンド修理(固定駒外れ)
チュードル(TUDOR)・バンド修理(固定駒外れ) タグ・ホイヤー(TAG HEUER)・バンド修理(固定駒外れ)
調整用の駒ではない固定された駒が外れています。
ピンは駒に、きつく圧入されているので通常は外れませが、衝撃や摩耗、錆による腐食などで外れてしまうことがあります。
接着剤程度の強度ではすぐに外れてしまいますので、ピンを加工(または新しく作製)して接着剤を封入し、圧入します。一箇所外れていると他の駒も緩んでいることがありますので、すべての駒について確認が必要です。


File No.band-02  ピン・パイプの摩耗
オメガ(OMEGA)・バンド修理(ブレス駒ピン)
オメガのブレスレットです。 このタイプのブレスレットは駒の間にパイプが入っており、ピンはパイプに圧入して留まっています。経年による劣化や摩擦、錆によりピンが細くなったり、パイプが割れてしまいピンが抜けやすくなっていることがあります。
着用中にピンが抜けて時計を落下させてしまう危険が有りますので、緩んだピンは交換が必要です。


File No.band-03  ピンはずれ
フランクミュラー(FRANCK MULLER)・バンド修理(固定ピン)
フランクミューラーのブレスレットです。ネジ止めとピンのコンビネーション方式の駒ですが、ピンが摩耗や錆により緩み外れてしまうことがあります。
かしめ直すことにより修復可能な場合もございますが、状態によっては交換が必要な場合がございます。


File No.band-04  ブレスレット駒ネジの緩み、錆び、折れ込み
フランクミュラー(FRANCK MULLER)・バンドネジ
フランクミュラーのブレスレット駒ネジが外れています。
ブレスレットの駒を留めているネジは緩んで外れたり、錆びて折れてしまうことがあります。


File No.band-05  裏蓋ネジの錆び、折れ込み
フランクミュラー(FRANCK MULLER)・裏蓋ネジ
フランクミュラーのケース裏側です。ネジが錆びて固着し、折れています。
裏蓋を留めているネジは、汚れが溜まりやすく錆びて折れてしまうことがあります。 各種ネジを在庫しており交換可能です。錆びたままのネジを使い続けると最後に折れてしまい、ケースの中に折れ残ったネジを取るのはとても大変です。錆びを発見したらすぐに対処しておく必要があります。


File No.band-06  ネジの脱落
フランクミュラー(FRANCK MULLER)・飾りネジ
フランクミューラーのバンド取り付け部にある飾りネジが緩んで外れることがあります。
ホワイトゴールド、イエローゴールドの飾りネジを在庫しております。


File No.band-07  バックル三つ折れピン外れ
ロレックス(ROLEX)・バックル修理(ピン折れ) ロレックス(ROLEX)・バックル修理(ピン折れ)
オメガシーマスターのバックル部分です。左画像の下は正常で、上はピンが抜け落ちています。 メーカーなどでは、通常バックル一式の交換となってしまいますが、ピン交換で修理可能です。取り付けはリベットのように先を丸くつぶして、抜け防止加工します。


File No.band-08  プレート外れ
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(フラッシュフィット) ロレックス(ROLEX)・バンド修理(フラッシュフィット)
ロレックスのバンド取り付け部をフラッシュフィットと言いますが、コンビブレスの場合 18Kプレートがセンターに溶接されています。このプレートが、錆による腐食などが原因で取れてしまうことがあります。 18Kプレートを切り出して溶接(ロー付)します。さらにポリッシュ仕上げすることで見違えるように綺麗になります。


File No.band-09  バックル破損
ロレックス(ROLEX)・バックル修理(破損) ロレックス(ROLEX)・バックル修理(破損)
アンティークロレックスの三つ折れバックルの蝶番部が金属疲労で折れてしまっています。古いロレックスにまれにあるケースです。 修理は同サイズのパイプを溶接するか折れた部分をそのまま溶接する方法をとります。同時に三つ折れ部分の曲がり具合をうまく調整しないと再発する可能性があります。


File No.band-10  摩耗して伸びたブレス
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(伸び) ロレックス(ROLEX)・バンド修理(伸び)
ロレックスの18K金無垢ブレスレットです。ピンと駒が磨耗してアコーディオンのようになっています(左画像)が、諦める必要はありません。方法は企業秘密ですが、修正することが出来ます。ステンレスモデルも可能です。
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(伸び)
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(伸び)
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(伸び)
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(伸び)
ホワイトゴールド(WG)のブレスレットです。修正により隙間がなくなり、1,3cm短くなりました。


File No.band-11  駒が摩耗しているブレス
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(摩耗) ロレックス(ROLEX)・バンド修理(摩耗)
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(摩耗)
ロレックスの18K金無垢ブレスレットです。
使用してるうちに駒とピンが磨耗して駒が切れそうになり、ぐらぐらになってっています。(上画像)
金を盛って摩耗した部分を埋め、仕上げを行うことにより綺麗に修復されました。(下画像)


File No.band-12  キズやへこんでしまったブレス
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(傷・へこみ)
   
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(傷・へこみ)
ロレックスのプラチナブレスレットですが、各部にぶつけた事によるへこみやキズがあります。(上画像)
へこんだ部分にプラチナを盛り込み、研磨することにより新品同様に生まれ変わります。(下画像)
 【料金】 ¥50,000 ~



ロレックス(ROLEX)・バンド修理(傷・へこみ)
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(傷・へこみ)
ロレックスの18K金無垢ブレスレットですが、各部にぶつけた事によるへこみやキズがあり、くすんでしまっています。(上画像)
へこんだ部分に金を盛り込み、研磨することにより新品同様に生まれ変わります。(下画像)
 【料金】 ¥35,000 ~


File No.band-13  ブレスレット変形
ロレックス(ROLEX)・バンド修理(変形) ロレックス(ROLEX)・バンド修理(変形)
ロレックスのブレスレットです。
転んだときに時計を引っ掛け駒が変形してしまっています(左画像)
修正により回復する場合も有りますが、ここまで大きく変形すると金の部分を作成し交換することになります。修理後、仕上げを行うことにより綺麗な状態に戻ります(右画像)


File No.band-14  接合部溶接はずれ
フランクミュラー(FRANCK MULLER)・バンド修理(溶接外れ) ブルガリ(BVLGARI)・バンド修理(溶接外れ)
タグホイヤー(TAG HEUER)・バンド修理(溶接外れ) ブランパン(BLANPAN)・バンド修理(溶接外れ)
IWC(IWC)・バンド修理(溶接外れ) エベル(EBEL)・バンド修理(溶接外れ)
カルティエ(Cartier)・バンド修理(溶接外れ) コルム(CORUM)・バンド修理(溶接外れ)
留め金やバンドの駒などの溶接部が、錆による腐食や金属疲労により外れています。
これらはレーザー溶接により修復可能です。


File No.band-15  溝から脱落
カルティエ・バンド修理 カルティエ・バンド修理
カルティエのブレスレットです。C型の溝にレールがはまり込む構造ですが溝が広がってしまい外れてバンドを固定する真ん中のピンが紛失しています。溝を整形しなおして、真ん中の固定ピンを作成し外れないようにします。


File No.band-16  バンドカット
ショパール(chopard)バンドカット
ショパール(chopard)バンドカット
このようなタイプのバンドは、調節する駒がないため、腕のサイズに合わなくてお困りの方も多いと思います。(上画像)
左右から1センチずつカットして短くしました。どこをカットしたか分からないほどに綺麗に仕上がります。(下画像)
 



コルム(CORUM)バンドカット
コルム(CORUM)バンドカット
長年使用していると金属疲労によりバンドが切れてしまうことがあります。(上画像)
溶接して仕上げを行うことにより綺麗に修復できます。
また、左右から1センチずつカットして短くしました。
 



ロレックスバンドカット
ロレックスバンドカット


File No.band-17  バンド伸ばし
ブレスレットを伸ばす方法はいくつかございます。
同じデザインにしたり、装飾を施すことが可能です。
ドレスアップ等と合わせてご相談下さい。

パテックフィリップ・バンド修理
パテックフィリップ・バンド修理
 
パテックフィリップ・バンド修理 パテックフィリップ・バンド修理
【ケース側を伸ばす】
腕回りを16cmから19.5cmに伸ばしました。
時計の根元から伸ばすのは非常に難易度が高い加工ですが、更にダイヤセットも
行い、200個以上のダイヤをセットしました。




オーデマピゲ(AUDEMARS PIGUET)・バンド修理
【バックル側を伸ばす ①】
腕回りを17cmから19cmに伸ばしました。
バンド両側の終端にホワイトゴールドで作製した板を取り付け、上面にはアクセントとして
イニシャルを彫り込みました。




オーデマピゲ(AUDEMARS PIGUET)・バンド修理
【バックル側を伸ばす ②】
腕回りを16.5cmから19cmに伸ばしました。
バンド両側の終端にホワイトゴールドで作製した板を取り付け、上面は同じ模様を彫り込みました。



駒切れ
駒切れ
【駒を追加する】
バンドの溶接部が外れてしまいました。(上画像)
修理すると共に、オリジナルに合わせた駒を作製し、12時側に3駒、6時側に3駒継ぎ足してサイズをを長くました。(下画像)


File No.band-18  バンド破損
バンド修理
バンド修理
ホワイトゴールドのブレスレットですが、つなぎ目がちぎれています(上画像)。ちぎれた部分をロウ付けしました。(下画像)
 


File No.band-19  革バンドに変更
ケースと一体式のブレスレットを革バンドに変更しました。
ブレスレットを切断し、作製した足を溶接しました。


<ブレスレットの予備駒各種あります>
  ・ロレックスプレジデンスK18 <MENS/LADYS>  ・ジュビリーコンビ <MENS/LADYS  
・3連オイスターコンビ  ・カルティエ タンクフランセーズ  ・ブルガリ
 その他多数取り揃えておりますので、お問い合わせ下さい。
クリックすると拡大画像が見られます。
バンド駒各種1 バンド駒各種2
バンド駒各種1 バンド駒各種2
<腕時計用本革バンド製作承ります>
現在ご使用の時計革バンド交換にご苦労なさった事はありませんか。
「サイズが合わない」  「材質が気に入らない」  「こんな色が欲しい」
これらの問題を全て解決いたします。勿論各輸入ブランドに対応致しております。
材質
 ワニ  オーストリッチ  カーフ  トカゲ  テジュウ
 コードバン  エレファント   他
 ブラック  ブルー  ブラウン  レッド  ピンク  グリーン
 イエロー  ホワイト  グレー   他
表面仕上げ
 マット仕上げ(艶無し)  光沢仕上げ(艶有り)
ご注文の際に、現在ご使用のバンドをお送り頂くか、お持ち下さい。
レザーバンド各種 ¥10,000~